不動産投資情報は「ゼロから始める不動産投資」

不動産投資とは

投資には様々な種類がありますが、不動産投資なるものをご存知でしょうか。不動産投資には二つの方法があります。

それはマンションやアパートなどの物件を貸した際に生じる収益と、もう一つは物件を購入した金額以上に売却し利益を得る方法です。

マンションやアパートなどの物件を提供し定期的に賃貸料金を得る不動産投資を「インカムゲイン」、物件を売却することによって生じる利益を「キャピタルゲイン」と呼びます。で家賃から収入を得る方法はインカムゲインに当たりますね。

つまりは不動産に自らの資金を投資しそれによって利益を得ることをいうのです。近年では不動産投資信託なども登場し、注目を集めている投資方法ともいえるでしょう。

 

収益物件とは

不動産投資を始めよう!

収益物件とはマンションやアパートなどの物件を第三者に賃貸することによって生じる利益を得ることができる物件のことをいいます。

なぜ今収益物件が注目されているかというと、収益物件は一度購入すると安定した収入を得ることができるためです。収益物件を購入する際、ほとんどの場合は保険に加入するでしょう。

この保険には沢山のメリットが含まれており、万一収益物件の購入者に返済できない場合やむおえない事情が発生した場合、この保険からマンションやアパートの残りのローンが一括で返済されます。

つまりは残った家族や遺族には返済の義務はなく、なおかつローン返済が不必要の収入物件が手元に残るわけです。その後は収益物件の賃貸で生じる安定した利益が家族の生活を支えてくれます。

この安定した利益は株取引では得られない収益物件ならではの最大の魅力といえるでしょう。

ログハウス

ログハウスもずばり不動産です。ログハウスに住みたいという夢を抱いている方も多いですよね。ログハウスは今も昔も変わらぬ人気を維持していますので、収益物件として確保しておくのもいいかもしれません。

キャピタルゲインとインカムゲイン

先ほど説明したように物件を購入した値段を上回る金額で売却したときに生じる利益を「キャピタルゲイン」、収益物件を第三者に賃貸することによって定期的に安定した収入を得ることができる不動産投資を「キャピタルゲイン」といいます。

この二つは不動産投資を行う際重要なポイントになりますので充分な理解が必要といえるでしょう。双方どちらに重点を置くかによって不動産投資のあり方がずいぶんと違ってきます。

キャピタルゲインについて
キャピタルゲインは別名「売却益」「値上がり益」とも呼ばれ、資産を売却した際に得ることが出来る収入のことです。そのため購入する際の価格は低価格な物件に目をつけ、価格が高くなることを想定した物件選びが大切と言えるでしょう。

これとは逆に、価格の高騰を見込んで購入した物件の価値がさがり損をすることをキャピタルロスと言います。
インカムゲインについて
インカムゲインとは収入物件を賃貸することによって毎月安定した収入を得ることを言います。つまりは大家さんになると言うことです。

気をつけて頂きたいのが、収入物件は購入後設備や建物を維持するために経費が必要になるということ。インカムゲインを望むなら後の経費を考え、差し引いた金額がまとまった利益になるのか考慮する必要があります。

バブル時には地価の高騰により不動産投資はキャピタルゲインが有効とされていましたが、近年安定した収入を一生得ることのできるインカムゲインに注目が集まっています。

一度に得る収益は比較的少ないですが、なによりも毎月決まった金額を長期に渡って得ることが出来るのが魅力です。

おすすめWEBサイト 5選

卓上カレンダーを作るなら

霊感占い

オリジナルポロシャツ

太陽光照明

http://sigen-rsk.com/

Last update:2014/12/19

※当サイトはリンクフリーです。特にご連絡等必要ございませんが、アダルトサイト又はマルチ商法関連のサイトからのリンクはお断りさせていただきます。

※当サイトの情報をご利用の際は、全て自己責任でお願い致します。

※当サイトに記載されているリンク先での通信障害、何らかのトラブルにつきましては当サイトの管理人は一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。


Copyright © 2009 不動産投資情報は「ゼロから始める不動産投資」 All Rights Reserved.